English

Kengaku Lab
iCeMS, Kyoto University

ようこそ見学研究室へ

 哺乳動物脳では数100億個と概算されるニューロンが皮質や神経核に整然と配置して特異的神経回路を形成しています。皮質の発生過程で、ニューロンは分裂層から細胞移動して層形成し、細胞固有のパターンで軸索と樹状突起を伸展して特異的シナプスを形成します。当研究室は、分子生物学的手法とリアルタイムイメージング技術を組み合わせ、脳の皮質形成過程におけるニューロンの移動と形態分化のダイナミクスを解析し、正常な脳発生と神経回路形成の原理を理解することを目指しています。

樹状突起パターン形成

中枢神経系ニューロン樹状突起の分岐パターンは、シナプス結合する入力線維の種類と数を決め、また膜電位と細胞内シグナルの拡散に影響してニューロンの情報処理特性を規定します。このためニューロンは機能に応じて個性的な分岐パターンを獲得します。我々は分岐パターン決定の原理と分子・細胞機構の解明を目指しています。

[詳細はこちら]

ニューロン移動のダイナミクス制御

ニューロンは幹細胞である神経上皮細胞から誕生した後組織内を細胞移動し、秩序正しく積み上がって皮質を形成します。ニューロン移動の異常は層構造の乱れや神経核の欠失による回路の配線ミスを招き、てんかんや精神遅滞、運動失調など様々な神経疾患を引き起こします。我々は発生脳におけるニューロン移動をガラス基板上で再現し、そのダイナミクスと制御機構を解析しています。

[詳細はこちら]